夢叶う埼玉風俗

男の夢をかなえてくれる埼玉の風俗。 - 出すところは出さないと嫌われる

出すところは出さないと嫌われる

女性はケチケチしている男性の事を「小さい男」と思っている方が多いようなんですが、目当ての女性の前でだけいいカッコしている男性は、ボロが出てしまいますよね?

風俗でもできるだけ安く遊ぼうと考えている方は多いと思うんですが、女性には知られないようにした方がいいんじゃないかと思います。

性的な関係を楽しませてもらうのに、ケチケチしているのがバレバレだと、女性はすごく不快な気持ちになってしまうんじゃないでしょうか?

お金に細かいのは悪いことではないと思うんですが、あまりに細かすぎてしまうと、女性としてはいい気分になれません。
デリヘルという風俗を利用して、ホテル代をケチって古くて不衛生な感じとなれば、確実にデリヘル嬢のテンションを下げてしまいます。

どんなに女性の扱いが上手い男性でも、プレイ場所への配慮がないということになってしまい、嫌われてしまいますので、「出すところは出す」という事を意識してみてはいかがでしょうか?
自分の得になる事だけにお金は使うものだと思っているかもしれませんが、風俗でも一般生活でも必要性の高いものに対してはお金をかけてもいいんじゃないかと思います。

ケチは嫌われるというお話しでしたが、無駄に使いすぎると男性としての印象は確実に悪くなるだけですので気をつけてくださいね。

金銭感覚がおかしくなる前に

風俗で遊ぶとすごく楽しいので、万というお金もあっという間に使ってしまいます。

延長ばかりしてとんでもない料金になってしまうという男性もいらっしゃるようですが、楽しい時間にはいくらでも払えるという方も、あまり無駄な事はしない方がいいんじゃないかと思うのです。

風俗嬢的には延長の方が稼げるのでいいのかもしれませんが、そういう事を配慮してくれる子もいたりします。
「いつも延長してもらっているから次はロングコースの方がいいんじゃないですか?」
というような具合で、お客さんが得する方を薦めてくれたりする子もいるんです。

延長してもらうためにゆっくりサービスする子もいれば、こういう優しい子もいるわけなんですが、こういう子ほど本指名にピッタリだと思います。

風俗嬢は男性客の金銭感覚がおかしくなる事を知っています。
できるだけお得に遊んでもらおうとする子は少ないかもしれませんが、こういう子はとても貴重です。
性的な事をして快感を得るのが楽しくなり、クセになってしまう方もいらっしゃるんですが、できるだけ予算を決め、これ以上は使わないという決まりを作って遊んだ方がいいと思います。